GeForceは結局どれを買えばいいの?

グラフィックカードは性能がよければ良いというのはわかるけど実際どれを買えばよいのかわからない人は多いと思います。
最近発売されたGeForceシリーズについて、比較をしてみたいと思います。

GTX960(2015年1月発売)

値段はだいたい3万円程度とお値段的にも手がでやすいものとなっております、幅広く使用できてMMOや軽いFPSまで使用できます。
コアなゲーマーさんでなければ、ある程度満足できるものとなっております。ゲーム用PCおすすめとしてFPSゲーマーにとても人気があるグラボです。

GTX970(2014年9月発売)

GTX960より2万円近く高価な商品です、960よりも勿論性能が良いのですが、2倍近い性能か?と言われるとそうではありません。
しかしながら、これを積んでおけば大概のゲームは問題なく動き120Hz以上出るモニターでも対応でき、ヌルヌルとした滑らかな映像でゲームが楽しめると思います。

GTX980(2014年9月発売)

お値段はさらにあがり8万円近くするグラフィックボードとなります、最高のグラフィックで最高にヌルヌル動かしたい人向けです。
また、消費電力が少ないので、継続費用を考えるのであれば、いくらか安くなると思えます。
最近では、ASUSがグラフィックカード参入20周年にて発売する特別仕様のGOLD20TH-GTX980-P-4GD5という特別なロボットフィギュアがつくものが話題となっております。
負荷状態をLEDで表示したりと、サイバー要素はちょっと男心をくすぐるものがあります。限定20枚で6月14日締め切り(抽選)なので、欲しいという方は早めの応募が必要かと思います。
そこそこのゲームでよければ、960くらいで大丈夫ですが、FPSなどを極めたい!という方は970や980を買ったほうが後悔は無いと思います。
決して安くは無い買い物なので、慎重に自分のプレイするゲームにあったグラフィックボード選びが大切です。
また、同じGeForceのグラフィックカードでも販売するメーカーによって、構造や大きさのつくりも違ってきます。
メーカーはASUS、ELSA、MSI、ZOTAC、Palit、EVGA、玄人志向、GIGABYTEなどがあり、メーカーによって排熱を重視してファンが多数とりつけられているものや、小型化を重視しているものなど多数あります。
ご自分が使用しているPCケースの大きさを確認して、メーカーの取り扱ってるグラフィックカードの大きさも確認して、最適なグラフィックカードを選んでいただくのが良いと思えます。

FPSゲームの音響設定でしておきたいこと

FPSをしていると、PC本体(グラフィックボード、CPU)マウス、キーボード、などの強化を行っていくと思います。
やはり、まずは動作をヌルヌルに、そして如何に早く相手を狙い、素早く動けるか・・・ということが考え付くと思います。
そうしていくうちに、行き着く先は最後の聴覚だと思います、上手になればなるほど、相手の高度を察知する聴覚が大事になります。
足音や、リロードの音、爆発音、色々な情報で敵の位置を判別できれば、迎え撃つことも、逃げることも可能です。
まずPCで音を出すとしたら、スピーカーかヘッドフォンになると思います。
どちらにしても、良い音を出すのであれば、マザーボードに最初からついているサウンドカードでも最近は良いとは思いますが、5.1ch以上対応のサウンドカードなどは購入しておきたいところです。
部屋で音を出しても問題ないひとは5.1ch以上のサラウンドスピーカーを使い、臨場感溢れる音響でFPSを楽しめることでしょう。
またUSB接続などで簡単にサラウンドにしたいなら、ここらへんがオススメです。(SB-OMN-51)
これを装着して、あとはお気に入りの5.1chスピーカーなどを接続すれば、まるで戦場にいるかのような臨場感を得られると思います。
また、部屋で音を出すのが難しい人は、最近ではヘッドフォンでもサラウンドが楽しめるものがあります。
ヘッドフォンでは、やはり安価なものより、高価なもので良いものを購入したほうが、満足は得られると思います、オススメはこちらです。(Razer Kraken 7.1 Chroma)
また、PCでの音響設定を駆使して、足音や草の音、金属音などの音を上げておくと良いでしょう、係わる音を上げるのは勿論、不要な音をなるべく下げることが必要です。
windowsであればコントロールパネル→サウンド→拡張→イコライザの詳細な設定で変更が可能だと思いますので、お気に入りの音響になるまでいじってみることをオススメします。
FPSの益々の上達のために、サウンドにも拘ってみてはいかがでしょうか。